cookies.txt      .scr

ただのテキストファイルのようだ

システムプログラミング実験2017

理学部情報科学科の授業です。個人的にとても楽しかった実験なので、復習しておきましょう。グダグダ書きます。
来年以降受ける人にも、若干は役に立つような記事にしたいです。(来年も同じ内容と仮定していますが)
回数は、提出回によります。(1提出 1コマとは限りません)

第1回

Makefile/shellscriptの回でした。

課題Bはたぶんアプローチが異なりうる気がするので、みんなどうやったのかは若干気になります。

事件として、この回の採点後に、採点に対する抗議が出ました。
sortを同じ引数で起動しても、人により挙動が異なるというものでした。
来年以降受ける方は、この辺を深追いしても楽しいかもしれません。原因と、挙動の妥当性とか。
まあ原因を掘り下げていけば、学科PC供給の時点で、環境が全く同じでないことが悪な気もしますが。採点者は、”環境は、学科PCの環境に準ずる”としていたはずなので。

第2回

システムコールの回でした。

getpid/syscall(SYS_getpid)などの比較をしました。
glibcもがんばってるんですね。

glibc wrapperがないsyscallを呼んでみるという課題Eは、若干興奮を覚えました。Windows Undocumented APIにハマったタイミングが昔ちょっとだけあったので、そんな気分です。

今こうやって記事を書きながら、man 2 getpidを読んで発見したんですが、NOTESになかなかおもしろいことが書いてありますね。
ずっとどうやっているのか気になっていたんですが、なるほどという感じです。
glibcのソースを追いたいときは、githubのUIに慣れていれば非公式ですがbminor/glibcとか見るといいと思います。

writeの挙動を見落としていたために弾かれた人が多かったと聞きます。
まあちゃんとスライドを読めというところですが、これ以降を考えると、man 2 writeをよく読んで、それを把握することでスライドなしでも気づきたいところです。
このread/writeの挙動は、これ以降の回でも、主にソースが汚くなるという意味で苦しめられます。
ネットワークの速度計測回では、これを考えるかどうかで結果が無意味にもなるはずなので、気をつけてください。

第3回

マルチスレッドの回でした。
個人的にはわりとがんばった回のひとつです。

課題Aで並列処理の性能上げをがんばりました。
スライドの関数一覧をよく読むと、ノードの削除はサポートする必要がありません。ここは1つの鍵かと思います。並列にできるね。
僕の私物PCは非力で、並列処理の実感があまりなかったので、ECCSを活用するなどして並列性を比較してました。
10秒が0.5秒まで改善されていくのは心地よかったです。(こなみかん)

clone syscallもなかなか闇が深くて楽しそうですね。
raw clone syscallを呼ぶときは、man 2 cloneの"The raw system call interface"をよく読みましょう。
なーにが"The raw system call interface on x86 and many other architectures is roughly:"じゃというかんじです。
BUGSにもさっきみたのと関係するようなことが書いてありますね。このへんでなんかCTF問題作れないでしょうか。

第4回

ネットワークの回です。TCPUDPをします。

課題Aは、クライアントはわりと手抜きをしようと思えばできると思います、ユーザと対話をする方なので。
しかしサーバは、任意のUDPクライアントを仮定して、ちゃんと仕様を満たそうとするとちょっと大変な気がします。
man 7 udpを適当に読みましょう。
正直言って、どうせUDPなので、バグが入って欠損してもUDPの信頼性の無さを言い訳にするのも1つの手です。(ほんまか)

課題Bは、selectがなかなかのおもしろ関数です。
FD_ISSETとか補助関数をたくさん従えているあたりがいいですよね。
FD_SETSIZEが云々してundefined behaviorしそうな雰囲気もかなりあるので、適当に処理しましょう。

課題Cは、なにげ計測本体よりも、いかにして計測時間制限をクリアしつつ、質の高い(時間をなるべくフルに使った)計測をするかというのが悩ましいところです。
ネットワーク通信にかかる時間は、どう考えてもどことどこをどうつなぐかでオーダーが変わりうるので、その全てでまともな結果を返そうとすると、設計を頑張らないといけないでしょう。

第5-6回

シェル制作回です。

実装は泥臭いだけなので、設計ゲーですね。
慣れていない僕は、予めそれなりに時間をかけて設計を考えて、適当にいろんなstructにメンバ変数を持たせたり、片方向リストを生やしたりしてました。
どのプロセスがどんな死に方をするのかがわからないので、気を遣うのが大変で。
built-inはjobs, bg, fg, cdだけです。
どうせただのシェルなので、これはちょっと公開してみてます。GitHub - cookie-s/is17-shell
まあ、たぶんバグがあるに違いありません。

第7回

Linuxカーネル回です。

システムコールを生やします。
kmalloc/vmallocの違いをちょっとだけは感じられましたが、あんまり追えてはいません。
普通にバカなバグをやらかして、唯一の再提出を喰らいました。くっそ。。
GBオーダのデータを投げられても動くようにはがんばりました。

第8回

みんなお待ちかねのベアメタル回初回です。

かなり環境が整備されているのは間違いないのですが、やっぱりVagrantQEMUvncやと盛りだくさんな環境な上に、ベアメタルという特殊な状況なので、自力でデバッグ手法を開発するなどに時間を取られます。
デバッグ的な意味で、把握するべき鍵となる命令はhltです。名前から挙動を適当に想像しないで、マニュアルを一度開いてみると、これからにつながります。
ただ、時間をかける場所を間違えたということはないはずで、実際に書くコードはかなり軽いです。
SDMに触れることが目的、と言われた気がしますが、まったくその通りで、欠かすことのできない回だったと思います。

第9回

前回苦しい思いをしたあとに、文字表示ができるようにもなるし、楽しいベンチマーク取る回です。
しかもこれ、USBに焼くとUEFIで起動して、ちゃんと動くのでめっちゃ楽しい。

どでかい罠があるんですが、詳細は書きません。
僕はお人好しではないので、みんなにもハマってもらいたいからです。
1人でも多くの人にハマってもらうために、その入り口を書いておくと、2種類のカウンタってほんとうにちゃんと同じ時間を測れているんでしょうか。

まあもしこの辺についてスライドが詳しく書くようになってしまったら、ふーんという感じです。

第10回

マルチコア!!!ロック!同期!たのしい!

まず一度はロックを入れないせいでprintfが死ぬ様子を見るべきです。めっちゃ楽しい。
本当は写真を載せたいんですが、Twitter凍結されちゃって写真なくなっちゃった。

マルチコア動作を入れ始めると、QEMUと実機で動きが結構変わってくるので、実機のバグをデバッグするのが大変です。
どうすればいいということはなくて、ひたすらprintfデバッグとかをするしかないんじゃないかなぁ。
ひとつには、printfの中のロックがイケてないせいで、printfデバッグを書くとバグるというのは経験しましたが。

ひとつ情報を出しておくと、AVXを使うときには、CR4を弄ってから、XGETBV/XSETBVでXCR0を弄って有効化する必要があります。

第11回

はい。

結論

たのしい。

来年はもっと楽しくなるってTAさんがいってたので、がんばってね。

ASIS CTF Quals 2017 writeup

wasamusumeで参加しました。
最近ずっとwriteup書いてなかったけど、書く気になったので書きます。

続きを読む

x64の呼出し規約とva_argとprintfと

今日やったことの報告です。

続きを読む

jekyllを使ってthemeを使わないgithub pagesが本当に更新されなかった話

解決法

_config.ymlに、

auto: true
server: true

を書き足す。(どちらが効果があったのかはわからない)

以降は読まなくていい
続きを読む

vim-quickrunでリモートでテストする(アセンブリ演習のため)

この記事はIS17er Advent Calendarの14日目の記事として書かれました。

www.adventar.org

この記事ではなんらすごい技術をしてるわけではないです。ただ環境を整えたよーってだけです。
アセンブリ演習を履修している人向けの記事です。

12/15 3:31追記 この記事はわりと無意味なものとなりました。外部通信が可能にされたことが発覚したからです。これをしなきゃいけない理由があまり思いつかない...

続きを読む