読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cookies.txt      .scr

ただのテキストファイルのようだ

jekyllを使ってthemeを使わないgithub pagesが本当に更新されなかった話

解決法

_config.ymlに、

auto: true
server: true

を書き足す。(どちらが効果があったのかはわからない)

以降は読まなくていい


github pagesを作る機運がこの度高まった。
TSGの後輩に煽られていることも大きな要因の1つではある。(ありがとう)
自分のプロフィールを載せる程度で、他にこのブログへのリンクを張る程度を考えている。
自分はコンテンツを作るよりも土台を作り上げて自己満足に浸るのが大好きなので、もともとあるThemeを使わずに自力で書くことにした。
まあ静的htmlファイルだけを置いていれば楽なのかもしれないが、それもおもしろくないので、唯一装備されているらしいjekyllを使うことにした。
自分もそれなりに得意とするRuby製でもあり、ありがたい。

とりあえず jekyll new . とだけして、_config.ymlもjekyllのドキュメントを参考にthemeを消したりきれいにして、割りと良さそうなテーマを写経気味に参考にしてlayouts,includesを書き上げ、scssもといブラウザと格闘しながら作って、ローカルでは(作った土台だけ)動いたんだがpushしてもサイトが表示されないばかりか、既に削除したはずのファイルの中身が表示される。つらい。

ググっても、Settingsに行くとjekyllのエラーログが見れるよだの、masterじゃなくてgh-pagesだろういや違うだの、解決策が全然見当たらなかった。1つなるほどと思ったのがtimezoneとfuture機能が悪さしているというやつだったが、試してもだめだった。

更新前のページが表示されるというのは、github pagesがもはやビルドする気がないことが疑われ、そうなるとtimezoneの件もそうだが、_config.ymlあたりがわるいのかなぁと思いだす。
しかしドキュメントを見てもあまりそれっぽい情報はなく、しかたがないので既に動いている他の人のgithub pagesを見てみようということになって、適当にgithubを「jekyll github.io」で検索してみたら、最短3行、

auto: true
server: true
markdown: kramdown

で動いている(らしい、未確認)ものがあった。
訳もわからないけれども関係ありそうなautoとserverを追加したら動いた。
やあひどい。jekyll new .でできたデフォルトの_config.ymlにはこんなのなかったはずだし、ドキュメントにも載ってないぞ。