読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cookies.txt      .scr

ただのテキストファイルのようだ

mplayerの-loop option

mplayerいいっすよねー。
何でも再生出来ますよねー。

唐突ですが、ループについて

mplayerで動画・音声を繰り返し再生するときは-loopが使えます。
-loopの後は繰り返す回数で、0ならforever.

mplayer -loop 0 hoge.mpg  # hoge.mpgを永久再生

とまあ調べるとこう出てきます。間違ってないというか正しいです。
ですが、同じhoge.mpgをループしてるのにいちいちウィンドウが消えたり表示されたりするし、
再生途中に操作したSpeedとかが保存されないのでつらいですよね。

こうするとうまく行きます。

mplayer hoge.mpg -loop 0  # hoge.mpgを永久再生

man mplayerを見るとわかるとおり、

mplayer [options] file1 [specific options] [file2] [specific options]....

です。
optionsに-loopすると全体に適用されますが、
specific optionsに-loopすると一つのファイルに適用されます。
多分そんな感じの解釈のために、先のような違いが起こるんだろうなと。


ちなみに

mplayer { hoge.mpg -loop 3 fuga.mpg } -loop 2

とすると、hoge hoge hoge fuga hoge hoge hoge fugaとなるわけですが、

mplayer -loop 0 hoge.mpg
mplayer { hoge.mpg } -loop 0

だと似たような感じになるのを確認しました。





1ファイルをループ再生するんなら、specific optionsのほうがうまいんじゃないかなぁと思っただけです。

誰かmencoderffmpegの使い方教えてください。