cookies.txt      .scr

ただのテキストファイルのようだ

Chromeのブックマークを1フォルダ晒してみる

きっと他人のブラウザブックマークを覗き見るのって楽しいと思うんだよね。10年以上かけてできたものなわけで、きっと出会いを創出できると思うんだ。

わりかしなんびとにも便利そうな、ブックマークバーの「onlinetools」っていう名前のフォルダから、よくなさそうなものを除いて、上から置いていくよ。古い順とも新しい順ともわからないよ。

[リンク切れ]って書いてあるリンクには飛ばない方がいいよ。変なページにリダイレクトされたりするよ。
リンク切れじゃなくても、リンク先の安全性は保証しないよ。

Find More Words - Find your Scrabble cheat words for Scrabble or Words with Friends

なんだろうね。登録した覚えがないね。Scrabble別にそんなに好きじゃないし、0.3回くらいしかしたことないのにね。CTFでFLAGが90%くらいわかってるときに、残りを推測で当てるために使ったような気もしてきた。

Graphing Calculator

desmos。グラフ({(x,y) \in R^2 | f(x,y)=0}系の意味の)図示ツール。
これは受験生に必須だね。tを使うと媒介変数表示もグラフできたり、境界線を含んだり含まなかったりする領域まで図示できちゃったりするの、本当に偉い。
xy平面の図形を極座標上に変換した時の変域の話 - cookies.txt .scr←たしかこの記事も、desmosを見ながら書いたような気がする。

Wolfram|Alpha: Computational Intelligence

wolframalpha。紹介するまでもないね。
受験生もそうだけど、大学生になってからも必須だね。数IIIの積分とかで、当たると答えがわかってよいね。当たらないと仕方ないから自分で考えるしかないね。

Online Alarm Clock

ただの目覚まし。
訳がわからないけど、まともな時計の目覚ましを使わずに、電気入れっぱなしのノートパソコンでこれを鳴らしてたときがあったような気がするね。わけがわからないね。

続きを読む

zer0pts CTF 2021 writeup (Baby SQLi, 3-AES, janken vs yoshiking, war(sa)mup, Kantan Calc) writeup

先週末に zer0pts CTF 2021 があり、TSGは7位でした。

いずれも解きごたえのある難問ばかりでめちゃくちゃ楽しかったです。web warmup で温まらなかったことを除いて完璧なCTFでした。開催していただいてありがとうございます。

moraprogramming.hateblo.jp

hakatashi.hatenadiary.com

kczは以下の問題を解きました (ほぼ完全に一人でといたもの)。

  • Baby SQLi (web)
  • 3-AES (crypto)
  • janken vs yoshiking (crypto)
  • war(sa)mup (crypto)
  • Kantan Calc (web)


Writeupを書こうかと思ったけどめんどくさいのでチーム内のメモをだいたいそのまま公開します。

続きを読む

Harekaze mini CTF 2020 WASM BF writeup

これはTSG Advent Calendar 8日目の記事ということにします。
adventar.org

とりあえず11月中にAdvent Calendarへ登録をするだけして、11月12月に大量に開催されるCTFで何らかの非自明な問題でも解いたらwriteupを書いて埋めるかーと思っていたのですが、それほど非自明な問題は解けないわAdvent Calendarを書く気が出ないわでこのまま踏み倒そうかと思っていたところ、ちょうど手頃に解説しやすく、解説しがいがあり、いい感じにインスタ映えのしそうな問題があったものですから、もう年始に向けてカウントダウンを始めても差し支えなさそうな12月29日に投稿しています。


12/26-27にHarekaze mini CTF 2020が開催されました。
github.com

mini CTFという名前にふさわしく、特別長時間悩みこむ問題という感じではなかったですが、しっかり面白い問題が揃っていて、面白かったです(面白い問題なので)*1
その中でWebジャンルのWASM BFという問題を解いたので、それのwriteupをしていこうと思います。方法の説明というよりは、問題を解くときの試行過程をそのままメモしています。

screenshot
WASM BF screenshot

*1:まあ、そこまで全体感想を言えるほど全問題を見たわけでもないんですが。

続きを読む

CTFZone 2019 Quals writeup - M394Dr1V3 cr4cKM3

TSGアドベントカレンダー 2019 3日目です。
adventar.org

こないだ11/30 18:00 JST - 12/2 06:00 JST、TSGでCTFZone 2019 Qualsに参加しました。
わりとみんなでまじめに参加して、結果はなんとか10位となりました。
アドベントカレンダー登録時の予定では、Web問あたりがいくつか解けて、ここでwriteupを書くはずだったんですが、かなりエスパー要素があるわ1問あたりの段階数がおおいやらで、全体的にいいところまでは進めても解ききれませんでした。悲しいね。全体的にこれ〇〇〇CONか?

初心に戻って唯一解けたRevering: M394Dr1V3 cr4cKM3のwriteupを書きます。

続きを読む

高速整数乗算アルゴリズムSchönhage Strassen Algorithmを雑に実装した話

そういえばIS Advent Calendarに投稿しようと思ってずっと放置していたのがあったのに、登録するのを忘れていたことを思い出したので、雑に供養します。


だいぶ昔の話なんですが、大学の演習IIIとかいう授業で、なんかSchönhage Strassen Algorithmというのを実装したくなったので実装させてもらいました。

当時のスライドから面白くないものを削除したスライドです。それなりにイメージは伝わると思っています。

www.slideshare.net

実装は公開しています。見るに堪えないかもわかりませんが。
github.com


Schönhage Strassen Algorithmは、整数乗算アルゴリズムで、まあもちろん速いわけなんですが、速いと言っても定数倍がかなり重くて日常的な乗算にはむしろ不利なやつです。
日本語WikipediaにはGMPでは「10進法で33 000 - 150 000桁の大きさ」でSSAを初めて用いるようになるとあります。
ソースに当たると、MUL_FFT_THRESHOLDというのが関係してくるらしくって、その値はx86_64で11520らしいんですが、limbってなんだかわからないしこれがなんなのかはわかりません。


実装するときは、スライドにもありますが、「Multiplying large numbers and the Schönhage-Strassen Algorithm - Theo Kortekaas」とか参考にするといいです。オンラインで見つかるPDFです。
今終わってみるとGMP manualとかも参考になったのかもしれないと思いますが、当時は見つけられなかったのでしかたない。


今回の実装では、スライドのpage 22を見ると、10^6 bit同士の乗算あたりからKaratsuba法を上回ったようです。
まあ圧倒的にGMPには劣るわけですが(スライドpage 23)。


そんなちゃんと実装したわけじゃないので、同じbit数同士の乗算しかできなかったり(当然0埋めすれば違ってもできるが、計算量的に劣る)、詳しくは書きませんが計算途中に特別な条件を満たすと続行不可能になってエラー返したりします*1

以上、供養でした。

*1:参考PDFでも触れられているのと、「続行不可能」でスライド検索すればなんとなく分かります。